ハワイ島で一番の老舗ツアー会社メリディアンH.R.Tがお届するハワイ島人気のオプショナルツアー! キラウエア火山観光、マウナケアの夕日&星空観測。二つのツアーを一日でまわれる時間も料金もお得なツアー!

ハワイ島はハワイ州最大の島で、ハワイ州全体の62%を占める広さがあります。またハワイ諸島の中でも最大の島です。ハワイ州全体の面積は日本の四国と同じぐらいですから、ハワイ島は四国の60%程の広さがあることになります。

ハワイ島はハワイ諸島の中で一番南に位置し、またハワイ島の最南端はアメリカ合衆国の最南端でもあります。そこはちょうど北緯19度の地点で、東京から南に17度ほど下がった場所です。

ハワイ島の人口は約18万5千人で、ハワイ州全体の10%に相当します。一方、ハワイ州の中心であるオアフ島は、ハワイ島の1/6の面積しかありませんが、約100万人の人が住んでいます。

メリディアン ハワイ ツアー

ハワイ島ツアー専門 メリディアンハワイツアー ハワイ最大の島、ハワイの大自然

Bic Island ハワイ島について

ハワイ島はハワイ諸島最大の島のため、アメリカ人は"Big Island"と呼びます。ハワイ州全体の60%の面積がありますから、まさに"大きな島"といったところでしょう。

1980年代までは、島の東側は砂糖産業で栄えていました。しかし、1990年代の初めには採算割れのため全ての工場が閉鎖に追い込まれ、ハワイ島は西側のリゾートで生き残る道しかなくなってしまいました。

1996年にJALの直行便が日本からコナ空港に来るようになり、ハワイ州を訪れる日本人観光客の約1割がハワイ島にも訪れるようになりました。しかし2010年11月からは、JAL減便の対象になり現在は成田-コナ便は就航していません

ハワイ島に日本人観光客が増えたのは、ハワイ島のマウナケア山(海抜4205m)に、日本の"すばる天文台"が建設され、テレビなどのメディアで数多く紹介されたことが大きな要因です。

また、ハワイ島には、世界でも最も活発に活動している火山があり、そこは世界で最も安全な火山としても有名です。マウナロア山(海抜4169m)の海抜1200mのところにあるキラウエア火山…キラウエアというのは火口の名前ですが、1周すると14kmもある大きな火口周辺が国立公園に指定されていて、ハワイ州で最も有名な観光名所のひとつです。

ハワイ島を訪れる観光客の多くは、西側のコナ地区とコハラ地区の高級リゾートホテルに滞在しますが、火山国立公園はリゾート地区からはちょうど島の反対側に位置するため、一周500km近くあるハワイ島の観光は、かなりの時間を要することになります。

  • コナ空港:正式名称は、"ケアホレ コナ国際空港"。年間降水量がわずか数百ミリと大変天気が良く、空気も乾燥しています。空港の建物にはほとんど壁がなく、"天然のエアーコンディション"と呼ばれています。
  • プナルウの黒砂海岸:溶岩が海に流れ出し、海水で急激に冷やされて出来た"黒い砂"。それが打ち上げられてできたのが黒砂海岸です。黒砂海岸では海亀が良く見られます。
  • コナコーヒー園:コナコーヒーは、ブルーマウンテン同等の高いグレードと苦味が少なく薫りが高いのが特徴です。右はハワイのマスコット、カメレオン。
  • 火山国立公園でのラヴァウォーク:火山国立公園は、ハワイ州で唯一"世界遺産"に指定されている観光地。溶岩の上を歩きます。
  • キラウエアロッジ:火山国立公園のすぐ近くのボルケノビッレジにあるノスタルジックなハワイアンスタイルのレストランです。海抜1200m。
  • オニズカ ビジター センター:1986年、スペースシャトル"チャレンジャー"の事故で亡くなったコナ出身の宇宙飛行士"エリソン オニズカ"さんを記念して名づけられました。海抜2800m。
  • キラウエア火口:キラウエアは、世界で最も活発な活動をしている火山。そして最も安全な火山と言われています。写真は溶岩洞窟(ラバチューブ)です。